ハンドメイドオーダースーツ・隠された本当の価値

→トップページへ戻る
生地の重なる部分をしっかり仕上げること
 
写真は一例に過ぎないが、生地の重なる部分をしっかり仕上げるという部分も大事なポイントとなる。生地の重なる部分は厚くなり、引っ掛かりの原因、形の崩れる部分、などになってしまう。写真Aの肩口は生地の重なりが追い部分のひとつ。また、写真Bのポケットの部分もやたらと生地の重なりの多い部分である。いずれも適度なゆとりと、細かい仕上げをしっかりしていないと「違和感」と「型崩れ」の原因となってしまいます。
肩口部分の裏地
写真A-肩口部分の裏地
まずは、芯の入り方です。この写真は、スーツの前の部分の裏地と表地を合わせる前の物です。色んなものが貼り付けてあるのがお解かりいただけると思います。これが、型崩れを防ぐ最大の仕掛けです。
 
 
ポケットの縁の仕上げ
ポケットの縁の仕上げ
重なりの処理
重なりの処理
 
<前のページへ   次のページへ>
 
Copyright (C) 2005 Ohkubo Youfuten CO., LTD. All Rights Reserved.