ハンドメイドオーダースーツ・隠された本当の価値

→トップページへ戻る
力のかかる部分をしっかりと補強すること
 
長い期間形を維持する為には、まずは力のかかりやすい部分をしっかりと補強してあげなくてはいけません。例として、ポケットの部分を見てみましょう。ポケットの淵の裏の部分、表に見えている淵の部分それぞれに補強がされているのがお分かりいただけると思います。この部分の補強は一針一針丁寧に縫っていき、縫う回数を決めるのではなく補強された状態を確認しながらの作業になりますので、柔軟性があり、ミシンで仕上げたものよりもずっと、丈夫に仕上げます。
ポケットの角の処理
ポケットの角の処理
ポケットの裏の隠れてしまう部分の仕上げ。(テープとのりをはっているシーン。)
ポケットの淵を縫って補強この工程を「カンヌキ」といいます。(テープとのりをはっているシーン。)
かんぬきを入れる
かんぬきを入れる
かんぬき
かんぬき
 
<前のページへ   次のページへ>
 
Copyright (C) 2005 Ohkubo Youfuten CO., LTD. All Rights Reserved.