ハンドメイドオーダースーツ・隠された本当の価値

→トップページへ戻る
水とアイロンを使う
 
生地は強弱はあるものの、どんな物でも伸び縮みの特性を持っています。その特性が悪く働く事のないように生地の段階で「水、アイロン」を多用します。普通に使われるアイロンは生地をピンと伸ばす為に行っているかもしれません。しかし、ここでは生地の特性を引き出す為に使われています。1着のスーツを作るまでにかけるアイロンの回数は数えきれません。

ハケが写っている写真は、水をぬっているシーンです。これは、頻繁に行う工程の一つで、水で生地をなじませたり、落ち着かせたりします。水、アイロンを使って、生地を縫う前に「縮ませ、伸ばし」、縫った後の生地変化で形が崩れることを防いでいるのです。
ハケで水を馴染ませる
ハケで水を馴染ませる
 
アイロンで縫い代を割る
アイロンで縫い代を割る
下の写真に写っているのは「毛芯」と呼ばれる物です。これは、上着の裏地と表地の間に入ってしまう物で、縫ってしまった後は、見る事が出来ません。つまり、縫った後は修正が出来ないのです。生地の特性としては、水で縮むという特性を持っている為、あらかじめ水につけ影干しをし、生地の特性を引き出してから使います。縫った後に、縮むと着心地、形の崩れなどに大きく影響を及ぼすからです。
毛芯
毛芯
 
<前のページへ   次のページへ>
 
Copyright (C) 2005 Ohkubo Youfuten CO., LTD. All Rights Reserved.