ハンドメイドオーダースーツ・隠された本当の価値

→トップページへ戻る
時には歪めて縫う
 
より滑らかな立体を平面である生地から作り出すために、時には歪みをあえて縫うことがある。例えば肩の部分を見てみましょう。背中の部分と、前の部分ではあえて長さを変えます。そのことによってより、立体感を出しているのです。下の写真を見てください。



歪めて縫う
歪めて縫う
   写真では少し解りづらいですが、片方の生地が波打っているのが見られると思います。わざと、波を打たせてそのあと、なじませる作業をすることにより、滑らかな立体を作っていくのです。
 
<前のページへ   次のページへ>
 
Copyright (C) 2005 Ohkubo Youfuten CO., LTD. All Rights Reserved.