ハンドメイドオーダースーツ・隠された本当の価値

→トップページへ戻る
アイロンテクニック
 
工程の中でやたらアイロンを使用する。それは、色々な意味があるが立体を作るための物が明らかに多い。生地をアイロンで曲げ、カーブさせ時には立体感を作り出す。手間はかかるが、滑らかな立体感を平面生地から作り出すには絶対に必要な工程だ。ここでのアイロンはカーブを立体を作り出す為に使われます。
アイロン+水でクセを作っている所
アイロン+水でクセを作っている所
 
クセのついた状態の背中部分
クセのついた状態の背中部分
アイロンで背中の肩甲骨の
出っ張りのクセを作っていく
左の写真はスーツの前の部分ですが、平面の机に置くと微妙にゆがんで波打っているのがお分かりいただけるかと思います。立体を作るためのアイロンでの癖付けの結果です。
前身頃のクセつけの結果
前身頃のクセつけの結果
  ※時々ですが、オーダーのスーツをクリーニングに出したら形が悪くなったという話を耳にします。それは、アイロンのかける目的が違うからだとおもわれます。オーダーのスーツでは、立体・カーブの為のアイロンであって、単純に伸ばす為ではありません。隠されたアイロンのテクニックなのかもしれません。
 
<前のページへ   次のページへ>
 
Copyright (C) 2005 Ohkubo Youfuten CO., LTD. All Rights Reserved.