職人のいる身近なオーダースーツ専門店・仕立館
 
スーツのオーダー
ディテール
商品カテゴリー
コミュニティ
会社について

ハンドメイドオーダースーツの
本当の価値はこちら
ハンドメイドスーツ隠された本当の価値
仕立館は劇団四季の衣装を
制作しております
劇団四季
September 2017.9
Su Mo Tu We Th Fr Sa
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カフェと焼き菓子のお店
クチュール ベイクはこちら



法政二高・二中の
制服に関してはこちらから

 
 
 
プレステージ仕立
PRESTIGEとは名声や名誉と言う意味。仕立館のマシンメイドの中で最上級のライン。
手仕事の導入により体に馴染みやすく、形の崩れにくいスーツを実現。シルエット、ディテール等はHONORと同様幅広く選択していただけます。 さらにマシンメイドでは唯一このラインのみ仮縫いをつけることが可能。出来上がりのシルエットを予め確認していただけますので、シルエットや着心地にこだわりの強い方は仮縫いをお奨め致します。(+ 20,000円)
より細部にわたったシルエットの変化や、ディテールをお楽しみいただけます。
→その他のディテールはこちらから

ディテール紹介
R台場仕立
R台場仕立
内ポケットの部分まで表地をつけた仕立で、物を入れた際のスーツへの負担を軽減してくれます。
こちらは一枚裁ちの仕立なので、より高度な技術を要求されます。また見た目の高級感も一層引き立ちます。
ピックステッチ
ピックステッチ
高級感と衿の落ち着きをよくする為に特殊なミシンを使用し、ハンドステッチに近い感覚で入れるステッチ。
手間のかかる工程のため、高級な仕立に用いられることが多いようです。
本開き仕立
本開き仕立
現在は装飾的な意味合いの強いディテールになってしまいましたが、元々は機能性を重視して開くようになっていました。
オーダーならではのディテールでしたが、最近では既製品でも多く見られるようになってきました。
縞スレキ
縞スレキ
スラックスの裏側に付く腰布で、表地の補強と吸汗の役割を果たしてくれます。
昔からある形で高いフィット感と吸汗性を備えたディテールです。
  →トップページへ戻る

 
 
1933年創業のオーダースーツ専門店
ホーム お仕立について ご注文の流れ ダイアリー 会社概要 お問い合わせ リンク
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright (C) 2005 Ohkubo Youfuten CO., LTD. All Rights Reserved.
 
職人のいる身近なオーダー屋