職人のいる身近なオーダースーツ専門店・仕立館
 
スーツのオーダー
ディテール
商品カテゴリー
コミュニティ
会社について

ハンドメイドオーダースーツの
本当の価値はこちら
ハンドメイドスーツ隠された本当の価値
仕立館は劇団四季の衣装を
制作しております
劇団四季
December 2017.12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カフェと焼き菓子のお店
クチュール ベイクはこちら



法政二高・二中の
制服に関してはこちらから

 
 
 
カスタム仕立
CUSTOMとは「誂えの」と言う意味。特に紳士服ではオーダーメイドで背広を誂える注文紳士服店を“Custom Tailor”と呼ぶ。
仕立館では、より多くの方にオーダーの楽しさを実感していただきたく、このカスタムラインを設けました。 生地を大量買付けし、工場の手間を可能な限り最大限抑えることで実現したリーズナブルなラインです。オーダーの楽しみであるディテールの選択や、寸法、シルエットなどをお選びいただいた上でお仕立ていたしますので、自分だけのスーツを作ることができます。
→その他のディテールはこちらから

ディテール紹介
見返し仕立
見返し仕立
鞄を持たない人にとって、紳士物のジャケットは非常に機能的な作りになっています。
ペンや財布などの身の回りの物は、外側のポケットではなく内側のポケットに入れることで、シルエットを崩すのを防いでくれます。
ラペルホール
ラペルホール
元々は衿を立てた形のジャケットが主流だった頃の、ボタンホールの名残が残っていたディテール。
その後に花を挿して、襟元を飾ったことからフラワーホールとも呼ばれる。
重ね釦
重ね釦
イタリアンスーツに良く見られるディテールで、袖口に華やかな印象を与えることが出来ます。
元々はスーツ職人の遊び心から広まったものとされ、キスボタンとも呼ばれています。
裏地
裏地
裏地も色々とお選びいただけます。表には出てこない部分ですが、ここで個性を出すも粋ではないかと思います。
紳士服は見えない部分のお洒落も大事です。
  →トップページへ戻る

 
 
1933年創業のオーダースーツ専門店
ホーム お仕立について ご注文の流れ ダイアリー 会社概要 お問い合わせ リンク
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright (C) 2005 Ohkubo Youfuten CO., LTD. All Rights Reserved.
 
職人のいる身近なオーダー屋